guitar エフェクター

超定番のギターエフェクター7種類に厳選

まず抑えておきたいエフェクターの知識「初級」はこの7つですね。リバーブ(空間系)、コーラス(空間系)、フランジャー(空間系)、オーバードライブ(歪み系)、ディストーション(歪み系)、オートワウ(特殊)、コンプレッサー(特殊)まずはここから。「中級」になれば更に~系と呼ばれるものを深堀していく感じで「私は空間系が好きだから他の空間系さがそう」とか「歪み系で変わった歪みのないかなー」とか
  1. エフェクター・デモ演奏:リバーブ

    Song by 1484tv
    超定番のギターエフェクター「リバーブ」。 演奏の前半は生音で後半がエフェクトオン状態 リバーブとは音が部屋の壁などに反射した際に発生する残響音をイメージしたもの こうして聴き比べてみると音の広がりが全然違う 圧倒的に豪華なギタープレイになりますね
  2. エフェクター・デモ演奏:コーラス

    Song by 1484tv
    リヴァーブに台頭するのは、やはりコーラスだろうか。 似たようなエフェクターで違いがよく分からないんですよ
    でも今回は違う!ききくらべて見てハッキリわかった。 ハードロックのバラードで使いそうな音色。
    リバーブが部屋の残響音に対して、コーラスは全然違う仕組みである。コーラスはいわゆる歌のコーラスと同じで歌を二人で歌った場合、まったく同じ歌声にはならず若干ずれた周波数での重奏となる。そう、コーラスとは片方が音痴とまではいかないが若干音程(ピッチ)をわざとずらして音に厚みを出しているのだ。(タイムを若干ずらす場合もあるようだ)
    なんにせよ空間系エフェクターでとても綺麗。バラードなライブ演奏においてはコーラスの有無でギタリストの存在感が天と地ほどの差が生まれるだろう
  3. 「hulu」今なら二週間無料トライアル中!

    オンラインビデオ配信の「hulu」(フールー)が今なら二週間の無料期間!
    「hulu」は人気映画やドラマが月額933円(税抜)で見放題。スマホも対応で、いつでも視聴可能です。 長編映画なら数百本以上、テレビ番組も数千本以上見られます!
    「hulu」今すぐ無料でお試しはこちら
  4. エフェクター・デモ演奏:フランジャー

    Song by 1484tv
    ちょっとマイナーなエフェクターだけどフランジャーって聴いたことある? 音のフランジング効果(現象)ってのを模したものらしい
    更にディストーションなどで歪みも加えてジェットサウンド(飛行機のとんでるときのシュワオーーン)のように使うこともあるらしい
    基本的にはシュワーーンって感じになる、、、なんかつかみどころの無いエフェクターですね
  5. エフェクター・デモ演奏:オーバードライブ

    Song by 1484tv
    みんな大好きオーバードライブ。これは最初からエフェクト「オーバードライブ」が掛かっている。聴いたとおりの歪み系エフェクターで昔のロックンロールのような音色になる。 ロックなバンド演奏には欠かせない! …と言いたいところだけれども、マーシャルアンプとかにもともと歪みのツマミついてるもんね
  6. エフェクター・デモ演奏:ディストーション

    Song by 1484tv
    2大歪み系エフェクターの片割れがこのディストーションである。オーバードライヴよりも更にキツイ歪み(倍音が強いなどともいう)でロックバンドがオーバードライブに対して、ハードロックやヘヴィメタルバンドなんかがディストーションサウンドといったイメージである。
    このディストーションでバチバチに歪ませた状態でブリッジミュートでのズクズクバッキングはもう・・・最高! 更に倍音がキツイのでピッキングハーモニクス(キュウォ~ン)なんかも結構簡単に出せたりする  そう、ズクズクキュウォ~ン♪がディストーションである
  7. エフェクター・デモ演奏:オートワウ

    Song by 1484tv
    ポップスバンドやファンク系志向なら絶対に一度はやってみたくなるのがこの「ワウ」である
    ワウを使ったギターソロに憧れるのだがワウペダルは演奏しながら足でクイクイする高等テクニックが必要なので初心者にはなかなか楽しめないかもしれない。そこでオートワウという勝手にワウワウしてくれるエフェクターが存在するのだった。
    これなら下手なペダリストよりもクオリティの高いワウ演奏が出来ること間違いなしだ
  8. エフェクター・デモ演奏:コンプレッサー

    Song by 1484tv
    ついでにもう一個。これは初心者がライブで使うとグッと演奏のクオリティがあがる代物。
    聞き比べてみてももしかしたらあまり違いは感じられなかったかもしれない。
    初心者の演奏というものは自信や興奮度、緊張などによってピッキングの力加減もバラバラでなんとも聞き辛いのだが、このコンプレッサーというエフェクターは音の出始めから終わりまでをサポートしてくれるのだ。 演奏のパワーバランスを均一化して聞きやすい状態で出力してくれるというもの。
    改めて後半を聞きなおしてみてほしい。ピッキング時の音の出始めがハッキリと聴こえるのが分かるだろうか。コンプレッサーによる出力サポートである。
    ちなみにこのエフェクターを使って練習しているとピッキングの強さバランスが下手くそになるとのこと。私はお店の人にそう言われ売ってくれなかった経験がある(笑) その2年後ほどでやっぱりコンプレッサー欲しくて買っちゃったんだけどね

感想・まとめ

いやーエフェクターって種類多いしよくわからなくなるんで一度まとめておきたかったんですよ
すごく分かりやすい良い動画があってよかった。やっぱしBOSSのエフェクターが定番で安いし色々種類があって初心者としては馴染み易い



最後までご覧頂きありがとうございます
人気ブログランキングに参加しています
↓ポチっとしていただけると嬉しさプログレッシブロックです↓