Oscar Peterson

てかこのスタンダード6曲だけでいいんじゃね?ってくらい知名度が突出してる

もっとあるんだろうけど、この6曲はどれもメインテーマがキャッチーですごくわかりやすいから絶対におすすめ。いろんな所で曲が使われてるし、どこかで聞いたことのあるフレーズだったりするかもしれない
フライミートゥーザムーンなんかはアニメの「エヴァンゲリオン」のエンディングテーマで使用されていてアスカやレイが歌っていた
ブログネタ
初めてのJazz に参加中!
  1. Take Five「テイク・ファイブ」

    Song by Dave Brubeck Quartet
    ジャズで一番すきなのはtakefive。これは超有名でサックスによるクールなメインフレーズと8分の5拍子、じゃなくて4分の5拍子で進行していく独特なリズムが特徴的。
    そしてジャズのカッコイイところは曲の合間にパート毎のソロがはいる。takefiveのソロの一番の見所はドラムソロでジャズドラマー特有の繊細なタッチによるドラミングがまじ半端無くクールでカッコイイ!プレイヤーやそのときの気分で演奏が変わるジャズ、この動画では3:00あたりからドラムソロ後半の盛り上がりに入り、レギュラーグリップでのジャズドラマーによる高速連打が見れる
    そういやコーヒーかなんかのCMソングに使われてたかな
  2. Fly Me To The Moon - live「フライミートゥーザムーン」

    Song by Platina Jazz
    最近人気のプラチナジャズ。この演奏はちょっと明るいめの雰囲気とビート
    ビッグバンド系でホーンセクションがいっぱいいる、サックス3人にトロンボーン1人、トランペットが1人かな。その他はヴォーカル2人にドラムとベースの計9人編成
  3. Take The A Train「A列車で行こう」

    Song by Duke Ellington
    日本での曲名「A列車で行こう」はジャズのなかでも超人気だと思う。A列車といえばやっぱデュークエリントン楽団だね!プレステのゲームで同名のやつがあってそっちは鉄道会社運営ゲームだけど
    これぞジャズ!って感じのスピード感のある演奏をチョイスしてみた。「ウォーキングベースが火を吹くぜ」
    ちなみに「Quintet(クインテット)」とは5人編成のことでデュオとかトリオとかの5人版
  4. The Girl From Ipanema「イパネマの娘」(Concert Collection)

    Song by Frank Sinatra
    典型的なボサノヴァのイメージ。フランクシナトラさんのイパネマの娘はダンディで優しい歌声で、この人の声はすごいですね
  5. Autumn Leaves「枯葉」

    Song by Chet Baker - Paul Desmond
    ジャズメンご用達のど定番ジャズスタンダード
    ジャズバンド入門で絶対に教則本に入っている「枯葉」
    一番好きな演奏で一番原曲というかメインテーマの分かる演奏(笑)スタンダードな音源をチョイスした。(たまたま見つかったのだが昔聴いてすごく感動した音源と恐らく同じもの)色々言いたいが雰囲気やテクニック、プレイングのバランスなどすべて含めて最高の演奏だと思う
  6. C Jam Blues「Cジャムブルース」

    Song by Oscar Peterson
    オスカーピーターソンがすぐ出たのでこれで間違いないだろう(Cジャムブルース)
    ジャズといえばやっぱトリオだね

感想・まとめ

Autumn Leaves(オータム・リーブス)日本曲名「枯葉」の懐かしい演奏やオスカーピーターソンとかなんとなく聞いたことあったなって思い出して
やっぱテイクファイブかっこいいなあ

TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!



最後までご覧頂きありがとうございます
人気ブログランキングに参加しています
↓ポチっとしていただけると嬉しさプログレッシブロックです↓